ライフスタイルで選ぶFX取引スタイル選択法


私はFXを始めた当初、デイトレードを中心に投資をしていました。その後、スイングトレードにトレードスタイルを変えたのですが、

・仕事の関係で帰宅が遅くなって、トレードする時間が少なくなった
・寝不足が続き、疲れて集中力が続かない
等の理由で、毎日チャートを見てトレードをするスタイルからスイングトレードにスタイルを替えました。

このように生活スタイルが変わっても続けられるのがFXの魅力です。日々の生活リズムで取引する市場を選ぶことで、デイトレードでも無理なく続ける事ができます。

朝から夕方まで時間に自由がある方は東京市場
午後から夜にかけて自由がある方はロンドン市場
夜しか時間がない方はニューヨーク市場
と24時間取引されているFXだからこのようなことが可能なのです。

「平日は毎日仕事が遅くまであって時間が作れない」という方は私のようにスイングトレードを選ぶというのも一法です。

睡眠時間を削ってトレードをしても、集中力が落ちれば判断力も下がるので利益を上げることが難しくなります。トレードは、特にデイトレードは集中力と判断力が瞬時に必要となるので、睡眠不足などから来る疲労は避けてください。

スイングトレードでしたら、チャートをチェックするのも15分くらいですし、ポジションを持つかどうかの判断も数日にわたって行うことができます。1日くらい参入が遅れてもまぁ利益に問題はありません。

土日にゆっくりチャートをチェックして、チャンスが近づいていると判断したら毎日チャートをチェックして参入時期を判断する。チャンスがまだ来そうになかったら、ゆったりと過ごす。このようなスタイルもできます。

あなたの生活スタイルに合わせてトレードスタイルが決められるのも、FXの魅力の一つです。